HOME > 会社設立のながれ

会社設立のながれ

1

会社の基本事項を決める

会社名、目的、本店所在地等を決めます。

2

会社代表社印を作成する

この他、出資者、取締役の個人実印も必要になります。

印鑑証明書の取得

発行から3ヶ月以内のものが、出資者、代表取締役、取締役それぞれ必要になります。

定款と発起人決定書を作成する

会社の目的、組織、活動など、会社のあり方に関する根本ルールを決めます。
※紙の定款では4万円の収入印紙代がかかりますが、当センターのサービスで電子定款を作成することでその分費用を節約できます。

出資金を払い込む

代表発起人名義の銀行口座に出資金を払い込みます。

株式会社設立登記申請書を作成し、登記申請する

法務局への提出に必要な書類を作成します。
会社の本店を管轄している法務局に登記の申請をします。

会社設立は一つづつ準備を行えばそれほど難しいことではありません。そして、手続きの仕方によって設立費用を抑えることもポイントです。設立時にしっかり考えておくことで、その後のメリット・デメリットの差が大きく出てきますので、会社設立を考える際には専門家に一度ご相談することをオススメします。

登記完了後の各種手続きをする

法務局、銀行、税務署、都道府県税事務所、市町村役場、年金事務所、労働基準監督署等へ各種届出・手続きをします。