HOME > 機関設計(取締役を置くか、置かないか)

機関設計(取締役を置くか、置かないか)

取締役会を置かないメリット

「機関」とは、会社の意思決定や、業務執行をする代表取締役、取締役、監査役、会計参与のことです。ほとんどの場合は、発起人のなかから「誰がどの役割を担うのか」を決めていきます。これを「機関設計」といいます。
現在の会社法では、監査役と会計参与の設置は任意となっているため、自分ひとりが代表取締役となれば、それで機関設計が終了します。
よって、「一人取締役」を希望し、設立時の準備にあまり時間をかけないでスムーズに本業に取りかかりたい人には、この方法が適しているといえるでしょう。
そうすると、下記の表のように、必然的にその会社は「取締役会を置かない会社」になります。

 

《ポイント》
・会社設立手続きにかかる準備が簡単
・会社設立後、会社の意思決定が速くできる
・会社運営上の手続きが簡素化できる